読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oneshotlife-pythonのブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Pythonこそが最強のプログラミング言語だと思っています。Pythonは使いやすいです。Pythonは書きやすいです。Pythonは読みやすいです。Pythonはパワフルです。Pythonは一貫性があります。Pythonが好きです。

鬼のようにタイピングが速くなりたいなら速読式 タイピング練習 ソフト【脳速打ステージ】初級~上級編【頭脳王シリーズ】

ブラインドタッチ、最近はタッチタイピングと言うのかな?これが速くないとプログラミングの練習や実践に影響が出るので練習したほうがいいよ。

鬼の用にタイピングを練習したくてどんなソフトが人気になっているかを探してみた。当初の予想では、セガのタイピングオブザデッドあたりがトップだと思っていたら違っていた。脳力開発系の怪しげなソフトが堂々のランキング一位だった。もっとも、2000円ちょっとで買えるので、他の脳力開発系の教材と比べれば良心的どころの話ではない。

ソフトの構成を見たところ以下のようだった。

■基本のタイピング練習 
 すべての指を使って、キーボードを見ないでタイピングができるようになります。【初級~上級編】 

■速読式のタイピング練習 
 文字を「読んで入力」するのではなく、文字を「パッと見て」入力する速読的な入力習慣を身に付けることができます。 

○視点移動トレーニング 
 縦運動1、縦運動2、横運動1、横運動2 

○視点移動×タイピング 
 縦・横スライド、縦・横ワープ、N運動1・2、Z運動1・2、円運動1・2 

○視野拡大×タイピング 
 フラッシュ縦方向、フラッシュ横方向 

■【速読式】オートトレーニングモード 
 「速読術トレーニング」と「タイピング練習」を同時に行う効率的なトレーニングです。 

■タイピングスピード測定 

■100枚画像ワード連続入力<中級者向け> 

■実地文章トレーニングコース(テキスト保存シート) 
 お好きな文章を使って練習ができます。 

■トレーニング成果【3Dグラフ】 

■タイマー設定(やり過ぎ防止機能) 

■その他 
・対応一覧表は、印刷することができます。 
 ローマ字を覚えていないお子様などは、表を確認しながらタイピング練習をすることができます。 

・キー入力方法を変更することができます。 
 初期設定は、ヘボン式ローマ字に設定されています。 
 例)shi→ヘボン式、si→訓令式など

うん。悪くない。

正直な話、基礎的な練習は、どのソフトを使っても問題無いと思う。なんなら、Web上のフリーのサイトを使ってもいいくらいだ。

しかし!!!人並以上のスピードの文章が打てるようになったら、自作の文章を打つ練習をしたほうがいい。試しに、中上級者向けのタイピングソフトをやってみるといい。自分の文章の言い回しと違う文章が出てきたら、きっとタイピングミスをするよ。言葉って、個人の癖が出るじゃん?文章にも言葉の癖が出るわけ。他人の文章をなぞるよりも、自分の頭の中の文章を打つほうが断然速い。それは慣れているからだ。

だから、この機能は有難いよね。

■実地文章トレーニングコース(テキスト保存シート)
 お好きな文章を使って練習ができます。