読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oneshotlife-pythonのブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Pythonこそが最強のプログラミング言語だと思っています。Pythonは使いやすいです。Pythonは書きやすいです。Pythonは読みやすいです。Pythonはパワフルです。Pythonは一貫性があります。Pythonが好きです。

Pythonで正規表現を扱う #Python #正規表現

はじめに

スクリプト言語で文字列を操作するにあたって、正規表現は避けて通れないと思います。今時のスクリプト言語であれば、Perlであれ、Pythonであれ、Rubyであれ、JavaScriptであれ、正規表現の機能は備わっています。正規表現はそれ自体が小さな言語セットのようなもので、どの言語でも似たように表現されます。正規表現のポイントさえ抑えてしまえば、各言語の書き方に併せて書くだけです。

Pythonでの正規表現の使い方を簡単に説明します。

Python正規表現を扱うには、reモジュールを使います。

>>> import re
>>> pattobj = re.compile("abc")
>>> matchobj = pattobj.match("abcde")
>>> matchobj.group(0)
'abc'
>>> 

reモジュールをインポートします

>>> import re

パターン文字列を定義します

>>> pattobj = re.compile("abc")

マッチさせます

>>> matchobj = pattobj.match("abcde")

今回の例では、「abcde」に対して「abc」をマッチさせています。

マッチさせた文字列を表示します

>>> matchobj.group(0)
'abc'